此処はココの捌け口

音楽とか、ゲームとか、アニメとか、日々思ってることをぐわっと。

ave:new feat 佐倉紗織『Rencontre〜ランコントル〜』ディスクレビュー

ついに!長年の夢だった

「手が届きそうで届かないところに届くディスクレビュー」

をする日がやってきました。

記念すべき第1回目は僕が敬愛して止まない佐倉紗織さんのベストアルバムについてです

みなさんは佐倉紗織さん、もしくは同人音楽アーティスト集団 ave:newについてご存知でしょうか?

ave:new とは主にアダルトゲームソングを制作している同人アーティスト音楽集団のことです 

そして佐倉紗織さんはave:newに所属するボーカリストの1人です

佐倉紗織さんの代表曲


という楽曲は聴いたことがありますでしょうか?

リリースから約10年が経つ今でさニコニコ動画総合ランキング上位にランクインする電波ソングです

あれです 「きしめん」って呼ばれてるやつです

多分、日本国民の300人に1人は聴いたことがあると思います 日本のエロゲソングの四天王の1人みたいな立ち位置にいる曲だと僕は勝手に思っています

ここで佐倉紗織さんについて語りたいと思います

佐倉紗織さんの1番の魅力、それは常人を超えた透き通るようなハイトーンボイス」にあります

内田彩さん演じるラブライブ南ことりちゃんはよく「μ'sの脳トロ女王」と呼ばれます

それすらも遥かに凌駕する脳トロボイスなのです!!!

もはや「脳トロボイス」どころではありません これは一種の洗脳です

最近、ニュースで「中2女子拉致監禁洗脳事件」がよく取り上げられていますがその容疑者に佐倉紗織さんの楽曲を試しに聴かせるといいでしょう 間違いなく満面の笑みで自分の罪を感じながら息絶えると思います

支離滅裂ですね

とにかく凄いんです!今回はそんな佐倉紗織さんの10周年記念ベストアルバムのレビューをしていきたいと思います


ave:new feat 佐倉紗織
『Rencontre〜ランコントル〜』

f:id:cocogoto:20160405225228j:image


01. Rencontre〜ランコントル〜

ほぼインスト曲です いわゆるプロローグ的なやつ ランコントルとはフランス語で「出会い」を意味する言葉だそうです 

02. snow of love -Rencontre ver.-

「気まぐれな貴方のこともわかってる ずっとこの雪の降る街で待ってる」
この曲は反則だと聴く度に思います   佐倉紗織楽曲には雪をモチーフにした曲が数多く存在しますがその中でも明るいメロディに乗せて切ない歌詞が歌われるこの曲は本当に反則です  サビの語感の良さとも合わさってつい口ずさんでしまうところもポイント高いですね


 この曲はもう説明いらないでしょう 「きしめええええええええええん!!」ってよく叫ばれてますよね 
 個人的にはラスサビ後の「とぅるまいはー、とぅるまいはー」のとこが大好きです  エロゲソングは何故こうも人々を魅了するのでしょうか  謎は深まるばかりであります
(このベスト盤に収録されている表記は「t」「m」「h」が小文字ですね 理由はわかりませんが)

04. GIRLS -Rencontre ver.-

めちゃくちゃクールです  それでいて可愛いです  全体のグルーブ感も癖になりますね  全体で約5分間の若干長めの曲なのですがあまり長さを感じさせません

05. Close Your Eyes

これぞ佐倉紗織!!!これは聴けばわかります  僕にそれを伝える語彙力がないことを悔やむばかりであります

06. mystique?

可愛い…洗脳される…サビ後の「近付いた〜」のくだりがツボ過ぎます!安倍総理大臣に聴かせたいですよ  絶対日本すぐに平和になるから

07. Longing -Rencontre ver.-

僕は原曲よりこのRencontre ver.を聴いた方が先だったので原曲のイントロを聴いた時にあまりに違いすぎてびっくりしました  佐倉紗織楽曲の中でもトップレベルの中毒性をもっている曲です  Bメロからサビへ掛けての疾走感がたまらなくかっこいいです

08. Graceful Anomaly

ピアノ調の美しいイントロから一転、凄まじいテンポで始まる歌い出し…それでいて可愛らしく、「奇跡さえ叶える魔法を唱えて」というサビの歌詞がこれでもかと言う程に頭に響きます  最高です  最高過ぎますよ!!!

09. Vnille Rouge -Rencontre ver.-

ここまでかなりの電波萌ソングの応酬でベストアルバムは続いてきまたがこの曲は箸休め的な位置にいる…と見せかけてまだメインディッシュの途中だった!みたいな感じの曲です  高音がとても美しいです ずっと聴いていたいくらいに

10. HONEY -Rencontre ver.-

一言で言うと楽しく、それでいてキュンっとする曲とでも言いましょうか …一言では収まりきらなかったです  佐倉紗織楽曲はほとんどがアダルトゲームのタイアップがついているのでキュンっとするのは当たり前ですがこの曲はより、その傾向が強いように思います  

11. Call My Dears

この曲が売れずにAKBグループの曲が売れるのはおかしいですね  世界の全ての自我をもった生物がこの曲を聴いたら99.9999%の生物はあまりに良い曲過ぎて涙を流すでしょう  そのくらい僕は衝撃を受けました

12. Deceive

とってもキーが高くて佐倉紗織さんの喉が心配になります  しかし、それを補って余りあるかっこよさは凄いです  5分11秒に全てが詰まっております

13. Primula Juliae -Rencontre ver.-

水をモチーフにした曲だとどこかで読みました  癒しソングです  佐倉紗織節は健在でありながら緩急が曲によってつけられていて聴いていて飽きないですね  個人的にはBメロが特に好みです

14. 銀木犀

僕が死ぬ間際に自分の映画を撮るならばこの曲をエンディングに流します  ミディアムテンポに乗せられた伸びやかなハイトーンボイス…佐倉紗織楽曲の真骨頂ですね  「あたたかい〜場所〜」と始まる歌い出しは胸にぐっときます   

15.  Magnolia

この曲はこのアルバム唯一の新曲です  いやぁ…ハード気味な演奏と攻撃的なハイトーンボイスの光る影の名曲と言えるでしょう  「絶対なんてつまりゼロで」「現実が此処になる 正して 壊して 抱いて 愛して 殺して」ここまで攻撃的な佐倉紗織楽曲があったであろうか、いやない!!!しかしその分、耳に残るメロディは頭から離れません! 銀木犀の後なので余計にインパクトが強いですね


佐倉紗織10周年記念ベストアルバム
『Rencontre〜ランコントル〜』ディスクレビューいかがだったでしょうか?

興味を持った人はぜひ聴いてみて欲しいです  日本やべえ…ってなると思います

このブログを始めたのも佐倉紗織楽曲のレビューをしているサイトが少なかったからというのも1つの理由です
 
このブログの閲覧数が伸びないことも承知の上です

しかし、僕のような迷える子羊が生まれないためにも、毎日続けていきたいと思います


最後にYouTubeにupされていた佐倉紗織メドレーのリンクを貼っておきますのでよかったらどうぞ