読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此処はココの捌け口

音楽とか、ゲームとか、アニメとか、日々思ってることをぐわっと。

僕の最近の悩みと人生

どうも!

今日こそはレビュー記事を書いてやる!と意気込んでいた僕でしたが生憎、用事が終わったのが10時前だったので泣く泣く諦めました

レビュー記事は書くのに時間がかかるのです

今日の僕は平常運転であまり話すことがありません

強いて言うならば 

佐咲紗花さんの素晴らしさに改めて気づいたことと、

歩いてる途中に足がグキッてなった回数が過去最高の6回ということくらいです

あの足がグキッてなる現象、本当に腹が立ちますね

まず痛いです

それと恥ずかしいです

僕の前を歩いている人の足がグキってなっていたら

「なにこいつwwその歳でちゃんと歩けないとかウケるww受精卵からやりなおせよww」

って思います





嘘です


流石に僕でもここまで人の心がないわけではありません

僕は自慢ではありませんが、よくおばあちゃんに道を尋ねられます

ほら!

悪人ヅラではない証拠です

しかもきちんと道を教えてあげて、おばあちゃんの体の負担も考えて対応してあげる僕…


国民栄誉賞狙えますね…!!!


っとまあ、

冗談はこれくらいにしておき…………

 

話すことがありません


仕方なく、僕の最近の悩みを話しましょうかね


僕の最近の悩みはズバリ!

・精神年齢の低さ
・つい他人を見下してしまうゴミ加減
・怒らなすぎる(怒れない)


とうとう、僕の人間としての欠陥が見え隠れしてきましたね…

この記事は佐咲紗花さんの「キスのひとつで」を聴きながら総武線内で書いていますが

佐咲紗花さんの歌声に元気付けてもらわないと精神的に僕が死にます

まず

・精神年齢の低さ

これ、呆れますよマジで

少し前に父親とスポーツショップに行った時のことです

スポーツブランドのぴっちりとしたボクサーパンツありますよね?

その売り場を見て僕はつい、叫んでしまいました

「あ!パンツだ!!!!!」


お前何歳児だよ!!!

今でも思い出すと恥ずかしくなります

なにが恥ずかしいかって、とっさに出てきた言葉が

「あ!パンツだ!!!!!」


何歳児だよ!!!




悲しくなってきたので僕の精神年齢が低い話はここまでにします

2つ目

・つい他人を見下してしまうゴミ加減

これは本当に辞めたいですね

たぶん、わかってくれる人がいると思うのであまり多くは語りません

例えば、中学校とかで新学期にクラス替えがあったとしますよね?

それでなかなか友達が出来ずに1人で休み時間を他のクラスメイト、馬鹿騒ぎしているクラスメイトを横目で見ながら過ごすとします

そういう時にこう思うのです

「こいつらみたいな低レベルな奴らとは仲良くしたくはないな…」と


どこの阿良々木くんだよ!

「人間強度がなんとか〜」

というセリフが物語シリーズにありますがまさにこれですよね

こんなこと思っておいてなんだかんだ話してみると馬鹿騒ぎしていたクラスメイトは良いやつなんです

それで自己嫌悪タイムが始まります

この現象も僕の人生史上かなりの回数経験しましたね

人は見た目や第一印象では決まらないってことですかね!!


最後の悩みは

・怒らなすぎる(怒れない)

これが問題なんです

僕はこの世界に生を受けてからほとんど人に向かって怒ったことがありません

それと同様に本気の喧嘩なんてしたことないです

よく言えば
「平和に育ってきた」

悪く言えば
「人の顔色を伺っているクズ」

これですかね…

つい相手の顔色を気にしてしまいます

というか、嫌われないかどうかを基準に生活しているようなら気もしてします   

うっ、精神的ダメージが大きすぎて…

いいえ、これは過去の僕との決別の記事なんです

言いたいことも言えない僕はただの模範的日本人です

村人Aにもなれていません

こう考えると自分に無性に腹が立ってきますね

これからは自分に正直に生きてみようかと思います

と、この文を打ち込んでいる最中に駅の階段から落ちそうになりました

みなさん



歩きスマホは駄目だよ!