読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此処はココの捌け口

音楽とか、ゲームとか、アニメとか、日々思ってることをぐわっと。

Base Ball Bear「初恋」レビュー!

ディスクレビュー レビュー
どうも!

先日ネットで注文した

フジファブリックのミニアルバム

「BOYS」が届くのが楽しみすぎて仕方ないです

なんか製氷機つきの初回盤を購入したのですがそういう遊び心も嬉しいですね

また、新装版の「カードキャプターさくら」を3巻までつい買っちゃいました

まだ最初しか読めていませんがCLAMPはやっぱり凄いですね

時代を感じさせながらも古さは感じさせない絵とストーリー展開には尊敬の念さえ浮かびます
 
その他にも「みなみけ」を12巻まで一気に大人買いしたり、

新しくなったグリーンダカラの評価が非常に悪いことに興味をもって買おうか買わないか店頭で数分間悩み続けてうろうろして結局買わなかったり、

特に大した出来事はなかった僕です



ってなわけで今日は僕の大大大好きなバンド

Base Ball Bear」のミニアルバム

「初恋」

のレビューをしたいとおもいます

Base Ball Bear(ベボベ)」の詳しい話はあまりに長くなってしまいそうなのでまたの機会にするとします

みなさん、ベボベについてご存知でしょうか?

f:id:cocogoto:20160514195707j:image

ベボベは2006年にメジャーデビューしたギターボーカルの小出祐介(こいちゃん)を注文としたロックバンドです

この前までライブのMCで

こいちゃん「これからも僕たち仲良し4人組で頑張っていきます」

って言ってたのに最近ギターの湯浅翔平が脱退してしまいました

ファンは泣きじゃくり、これから「ダンス湯浅翔平」が見られなくなることを悲しみました

ですがこいちゃんはこう言います

「僕たちは逆境を音楽、エンターテイメントとして返していくしかない」と

これからのベボベに期待です!

と、言うことで今回なぜ「初恋」のレビューをするかというと、

久しぶりに聞いたら感動したから

です


Bas Ball Bear

『初恋』

f:id:cocogoto:20160514202502j:image

01. 初恋

インタビューでこいちゃんが

「ありそうでなかった曲が出来た」と話していました

その通り、今まで聴いたことのないようなラブソングになっています

「君薫る風に、
君だけの足音に、
君がいる季節に、
忙しさすべて忘れて
僕はもうはじまってしまう」

「いま、君に恋した
僕が見てる世界は今日も 君色20,000色で、夏祭りのような 刹那さじゃない
明日の君に憧れつづけているから」


「僕の想像力なんて、君は
水たまりをよけるように
飛び越えてしまう」

リリックメーカー
小出祐介!!!!!

天才です…

ラブソングとかラブコメが普段嫌いな僕でもこの歌詞、曲の構成は感動します

また、この曲最大のポイントは

Bメロです

僕はもう始まってしまう!んです!

僕はもう始まってしまうんですよ!

静かなAメロからBメロで想いが募っていき、サビで爆発………

これこそ音楽のあるべき姿です

Cメロ→ラスサビの流れも

素晴らしいのです

世界は今日も君色2万色なんです

そしてラスサビ、

「君が好きだ」
「この恋を終わらない最初の恋にしよう、最後の恋にしよう」

こう歌います

アウトロの余韻を持たせながらも、

「こんな恋も悪くはないな」とでも言いたげなギターは本当に上手く出来てます

確か、劇場版の図書館戦争の主題歌でしたね

こいちゃんが直談判して主題歌にベボベを起用してくれ!と頼んだとかなんとか


この曲、僕の友達が凄い好きなんです

まあ、振られたらしいですけど

…そんな恋も悪くはないですよ


02. ぼくらのfrai awai

この曲はヒャダインこと前山田健一さんとのコラボ曲ですね

痛い系の歌詞といい、こいちゃんとヒャダインの2人で作った感がバリバリ出ています

インタビューでもそんなことを言っていたような気がします

A、Bメロのメロディラインはさすがヒャダインと思わせられますね

ですが、


サビが僕はあまり好きではありません

「や、や、やめてくれ〜」

うーん…、なんだかわかんないけどあまり好きじゃないんですよね

うーん…なぜでしょう


謎は深まるばかりです

ただ、メロディが頭に残っているということは2人にやられました

03. 君はノンフィクション

この曲は岡村靖幸さんとのコラボ曲です

いやぁ…………

リリックメーカー小出祐介

この曲はベボベの曲の中でトップの暗さを誇ります

メロディや、ところどころの言葉の選びは小出祐介という人間がもつ才能を惜しみなく発揮しています

ですが



暗い


いや、文学的でもありますし、

ストーリー仕立てになっているので考察もなかなか奥深いものがあります

ですが、




暗い


この振り幅の大きさがベボベのもつ魅力だったり、才能なんですが…

簡単に言うと、

「昔の恋人がAVに出演しているのを見てしまった僕」

みたいなストーリーなんですけど、

それが秀逸なメロディと構成、

それに加えて岡村靖幸の編曲で色鮮やかに表現されています


「約束して戻った 放課後教室で
うつむいた君に見えた 歯の矯正器具が艶やかで」


リリックメーカー
小出祐介!!!

・「けがれた花は、より美しい
僕が追いかけた 君の花が 舞い散るさまをただ見てた」

・「孤独な蝶は、まだ彷徨う
僕が好きだった 君の羽根が むしられるのをただ見てた」

この例えなんて秀逸です

また、サビで出てくる「4:3」というのはブラウン管テレビ、と言いますか、ビクター社のVHSを表しているんだと思います

「ビデオの中で再会した君は…」

みたいな感じがもう…

聴いている人がまるで過去に味わったことのあるような感覚になります

歴史に残る名曲です


「君が追いかけたあの夢はどこにおいていたの」

というところでAVに出演した彼女の身に起きた裏のストーリーも何となく想像できます


本当に

「気持ち良くて気持ち悪い」曲です



ってな感じです

04. 60-Minute Live Track

2012年5月20日にZepp Tokyoで行われた「ツアー新呼吸」の初日の音源が60分収録されています

これ、もう本当に本当に最高です

yoakemaeのアレンジとか、最後の新呼吸とか、本当に本当に素晴らしいの1言なんですが、これはネタバレとか無しで聴いてほしいのでここでは自重しておきます




はい、そんなわけでぜひとも聴いてほしいミニアルバムであります

特にライブ音源は必聴ですよ

トレーラー動画のリンクを貼っておきます


ベボベ最高ですよ…

明日は何の記事を書きましょうか




君はノンフィクション!