読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此処はココの捌け口

音楽とか、ゲームとか、アニメとか、日々思ってることをぐわっと。

ロックバンド「HaKU」解散について

音楽

どうも…

 

先ほど非常にショッキングなニュースが僕の耳に飛び込んできました

 

泣きそうです

 

 

今にも泣きそうです

 

 

そのニュースとは…

 

 

ロックバンド

 

「HaKU」解散

 

 

 

 

…僕はこれからどう生きていけばいいんでしょうか

 

そもそも「HaKU」をご存知でしょうか?

 

f:id:cocogoto:20160609215857j:image

 

「HaKU」はダンスミュージックを基としたオルタナティブロックバンドです

 

ボーカル兼ギターである辻村有記さんの男性でありながら透き通ったハイトーンボイスと

 

三好春奈さんの可愛らしくありながらも芯のある歌声

 

が魅力の男性混成ボーカルバンドです

 

また、本来のメインボーカルは有記さんなのですが

 

最新は三好さんがメインボーカルを務める曲が多かったです

 

確かに三好さんの歌声も素晴らしいものがあります

 

しかし、

 

有記さんの声に惚れた僕としては最後までメインボーカルは有記さんであって欲しかったというのが正直な気持ちです

 

また、その頃から路線も変わってきてバンドの存続も不安視されていたような気がします

 

実際僕は近いうちに解散するんじゃないかと思っていたので

 

「ああ…やっぱりな…」

 

と悲しいような、悔しいような、複雑な心境です

 

それと、昔からよく

 

ロックバンド「凜として時雨」と比較され続けていました

 

その理由としては

 

・男女混成ボーカル

・男性ボーカルの超ハイトーンボイス

・女性ボーカルがベースを弾く

 

この点においてかなり類似しています

 

ですが「凜として時雨」と比べて

 

「HaKU」は若干、曲調がポップで前向きだったり、未来を見据えるような歌詞が多い傾向にあります

 

「HaKU」の方が圧倒的に聴きやすくはあります

 

 

バンドとバンドを比べるのはあまり良くないことだと思いますが

 

類似している点が多いので比べられても仕方がないです

 

 

ですが、優劣はつける必要ないでしょう

 

ましては音楽なんて聴く人によって感じ方はかなり変わります

 

確かに「凜として時雨」はヒット曲も数多くあり、人気バンドではありますが

 

「HaKU」と比べる人が多かったのが凄くファンとしては悲しいです

 

 

……

 

 

今更こんなことを言っても遅いのですが

 

 

 

 

HaKUに「the day」という曲があります

 

https://youtu.be/C2wBEaHMgy4

 

「満身創痍を隠す日々へ」

 

「これしかないんだと

   それで充分だろう

   相まみえたその出会いに

   迷いは必要ない」

 

この曲、歌詞にどれだけ助けられたことでしょうか

 

この曲が収録されている

 

「シンバイオシス」というアルバムは

 

何10回、もしくは100回単位で数え切れないほど毎日聴き続けていた時期がありました

 

この人たちの曲に本当に助けられました

 

 

また後日HaKUについての記事を書かせてもらいます

 

 

泣きそうで、気持ちの整理と

 

改めて曲を一通り聴きたいので

 

今日はこの辺で締めさせていただきます